くまさんとうさぎさんと

悪女と呼ばれようが中学生にしか見えなかろうが・・・あたしは正しき乙女を目指して日々精進中よ!!!

YUKIさんの甘いボイスと林檎嬢の妖艶な歌声&サウンドに没頭中な
1日1個アイス摂取をしないと死に至る女子大生の戯言

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は何も予定が入ってないぜ!
あ、接骨院の予約があったぜ、楽しみ。
こんばんはミドリです。


当ブログをご愛読の皆様は
これを覚えていらっしゃるでしょうか。

080808-183603.jpg  080808-183651.jpg

そうですこれは
当ブログ「くまさんとうさぎさんと」の
2008年8月8日の記事に掲載しました、みかんゼリーの画像でございまっす。

かるぅーくおさらいしとくと

・ミドリさんは塾の事務バイト員。
・この日、塾の算数の先生がこの「みかんゼリー」をいくつか買って来た。
・このゼリー、小さめみかんがまるごと3個も入ってて超お高い。
・算数の先生「このゼリーは絶対に誰にもやらん」

というわけでした。
最後のセリフは8月8日の記事には書いてませんが。

ながくなりましたが、今日のおはなしは、このゼリーが主役です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あれは大晦日の大掃除の日でした。
そう、このみかんゼリー。
算数の先生があんまり大事にするあまり、
冷蔵庫に奥にしまわれすぎて、1つがわたしによって発掘されたのでした。

賞味期限は11月11日。
その時で既に1ヶ月はすぎていました。

・・・それからというもの、
「えーもういらないからミドリさんが食べれば?」
とないがしろにされ
『だって賞味期限・・・今日で2ヶ月すぎてますよ!?先生が食べてくださいよ!』
などが繰り返され
一向に、算数の先生によって消化もしくは廃棄されないみかんゼリー。

そして遂におととい、
ミドリさんは意を決したのです。
このままだとほっておかれるに違いない。
・・・これを捨てるのはあまりにもったいない。かわいそうだ。

わたしが食べてあげないと。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


090131-181516.jpg

・・・そう、


凍らせれば、なんでも食える。


・・・フタの青いのは、算数の先生が自分のものだとペンで名前をかいた跡です。

あまりにみかんゼリーが不憫になったので
「凍らせればなんでも食えるわ!」と確信したわたし。
3日前に塾の冷凍庫に放り込んでおうちに帰り、

そして今日、バイト休憩時に食すことにしました。

再度、確認しておきましょうか。

090131-181422.jpg

賞味期限は11月11日。
本日で2ヶ月と20日過ぎております。
・・・ふふ、大丈夫、だいじょうぶ賞「味」期限だから!

先に断っておきますがワタシはアイスの女王ミドリ。
たとえお腹をこわしたとしても、原因は「冷たさ」にあらず。
そう、その場合は
純粋に(?)賞味期限の問題として扱われればいいのよ!(?)

いざ!

090131-181835.jpg

・・・うん普通に食える。
おいしい。


算数の先生「ほら見てみー。全然たべれるじゃんかー。」

あたし『じゃあ先生が食べてくださいよホラ。』

算数の先生「いや、俺はいいよミドリさんがせっかくおいしそうに食べてるし!」

あたし『誰ですか、絶対誰にもやらんって言ってた人は。』


賞味期限2ヶ月すぎた青汁(既に冷凍済)もまだあります。どうしよう。
スポンサーサイト
今日はバレンタインチョコの販売バイト初出勤でした。
ミドリですこんばんは。
足がいたい。
でも肩こりのほうがもっと酷い☆


そうそう
社員さんが休憩するとこでは
社内特別価格で商品が売ってることがあります。
超お得。お得すぎて大変です。

そんなお得すぎる販売にひっかかったワタシ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

おっちゃん『お嬢ちゃんこれ買ってかない!?安いよー』

あたし「あほんとだー!」

バレンタインのバイトに行きますと吹聴してたので
周りのお世話になる方々に何かしらお菓子を買っていかねばと思っていた矢先でした。
ちょうどそこに菓子詰め合わせが大安売りされていました。
・・・う、安い。
半額以下ですよ。

実は去年、同じくバレンタインのバイトをして
がっつり稼いだのはいいんですが
結局そこのバレンタイン売り場で義理チョコだけに1万円もね、使っちゃいましたからね。
ここで先にお買い得なのを買うほうがいいかもしれない。

あたし「おっちゃんこれ下さいッ!」

おっちゃん『おおきに!・・・あと嬢ちゃん、これおまけや!いっぱい食べやー。』

いくつかのお菓子を
たくさん手のひらにのせてくださるおっちゃん。
手のひらからこぼれそうです。
横で同じものをお買い上げのおばちゃん達は1人2個ずつもらっているようです。
わーおっちゃんありがとー。。。
素直に

あたし「わーいっwwwww」

と言ったらあと8個くらいくださいました。
あ、じゃあ、もう1回くらい言っておこう。
わーい。
・・・あ、また5個もいいんですか?ありがとーございまーす。

ちょっともっかい言っておこ・・・
あ、もうくれませんて?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あたし「ただいま休憩から戻りましたー!・・・見て下さいコレ安かったんです!」

社員さん『あちゃー・・・ミドリちゃんはもう休憩所にお財布もってったらアカン。』

あたし「はい?」

社員さん『今後もおっちゃんに騙されて買わされまくるに違いない。』


・・・でもでも
今日ワタシ、
すごい量のおまけ(?)を搾取したわけですけれども
(詰め合わせ:90個入り、おまけ:25個、通常なら2個)


・・・ほんとに騙されてるのは、どっち?

いや、わたしが騙されているのか!?でも、もうお金ないから買わないぞ!
髪切ってきましたー
さすがにランカちゃんにはしませんでした。
いつもどおりの前下がりボブで

090129-181303.jpg

うん、まぁこんなもんだよね!!
ミドリですこんばんは。
でも実は耳より後ろの髪の毛を上手くピンでとめてやったら
ランカちゃんにできるんだぜ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そして
こないだも今日も
またカピバラさんを捕獲してきてしまいまして

090129-143908.jpg

・・・。


・・・もう置く場所がございません。


見てほら!
このカピバラさん具合。
どこもかしこもカピバラですよ。

かぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴ
かぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴ
かぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴ
かぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴ

って感じですよ。
なんかこやって書くとちょっと・・・何かがわからなくなってくるな。
まるでひからびているようだ!

まぁそんな
わたしの寝床ですが

うちの家族はここを「かぴばら御殿」と呼びます。

ウェルカムかぴばら御殿。
よしじゃあ今からここで寝てきます。
おやすみなさいー。

なんかよくわからない記事だなぁ今日!つれづれ的な。まぁいいか。
どうもどうもこんばんは。
先日は、このままいくと冗談抜きで
死因:肩こり
になりそうなミドリさんに励ましのコメントをありがとうございます。

いまだ肩を動かすたびになる駆動音は「ががががが」となっておりますが
いつか「うぃーんうぃうぃ、がしょーん!!」
とかになるんじゃなかろうかと密かに思いつつ
明日、接骨院予約するの忘れてたミドリですこんばんは。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

有意義な1日を送るために
明日やることをリストアーップ。

・学校に行く(車で。)
・ヘアカット(明日予約)
・接骨院(明日空いてたら予約)

・・・あれ?意外と必須項目少ないな。
実は暇でした。
1日自由に使えるって、しあわせ。

髪はずーっと長いこと切ってないので
整えていただこうかと思ってたんですが
さっき洗面所で鏡見たら
結構のびてて、やっぱり全体的にきってもーらおっと!と考えを変更しました。
ランカちゃんカットにしてもらおうかしらとか、こっそり思ってたり。

ちなみに今は前下がりボブ(の伸びて形崩れてきた感じ)です。
長さは結構ある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さてさて・・・

1210836831181.jpg  f99.jpg
↑こんな画像しかなかった;

なんて注文したらランカちゃんカットになりますかね!!!

『ランカちゃんにしてやるぜ!』と言ってたお兄さんが美容院にいると限らん。
妹が反抗期すぎる。
どうもこんばんはミドリです。
暖をもとめて妹のところへ行くと

「きもい」「うざい」「しね」

のどれかのお言葉をもれなく頂けます。
お姉ちゃん悲しい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

肩が!
・・・肩がーッ!!!!!

ワタシのガチガチの肩が大変なことになっております。
具体的に
どうなっているのかと申しますと


うでを動かすと駆動音が酷い。


わたしはメカか。
それ以外の何なのか。

20歳にして接骨院へ通院。
その硬さは、接骨院の先生に嫌がられ
慈愛の心を持ちマッサージしてくれる人の手を片っ端から腱鞘炎に仕立て上げるレベル。
肩を軽くまわせば
何の生物が入ってるのと言わんばかりの騒音が聞こえます。

今までもひどかったのですが
それが今朝とつぜん
肩まわすんじゃなくて、うで動かすだけで

「ががががりが、がりがりぞりが。」

って音するようになりました。

あれですよ
ご飯たべるときも、おはし持ってこう動かすだけで
「が、がりっ、がりががが。」
とか言うのよ。
しかも完全に周りに聞こえるレベルで。
ごめんなさいうるさくてorz


あんまり酷いので愛用の肩コリほぐし棒でなんとかしよう!
そう思って
「U字型ダブル押タイプ」
を使ってみたら・・・あまりの硬さに肩ですべって押すことさえできず
「J字型ピンポイント押タイプ」
を使ってみたら・・・すべりはしないが硬すぎてツボに「入らない」という隙のなさ。

ちくしょう・・・この2本でもダメか・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


もういいよ。
アンメルツ塗って寝るよ。ちくしょう。


針治療はしてみたいけど近所にありません。ほかに手はないのか!
学校がもうないので
結構フリーダムな人間になっておりますが
やっぱりなんか目標きめないと。
ミドリですこんばんは。

というわけで
だいたいのやることを決めた。

・若干、英語を勉強する
・買いだめしまくってある生地で服とか雑貨とか作る
・ゲーム

・・・いいのかこれで。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


お父さん『ミドリ、かぴばらさんが!!』

あたし「・・・へ?」

お父さん『ミドリの部屋から脱走してお父さんのところに来た!』

あたし「・・・カピバラさん脱走せぇへん!かえせ!」

お父さん『おおそうか、よしよし、もう大丈夫だよカピ。お父さんが守ってやるからな!』


それにしてもお父ちゃん、ハロウィンかぴさん好きだね・・・。
ねむてぇ。
こんばんはミドリです。
お風呂で沈んでたら素敵な時間になってました。


こないだのことです。
某量販店に行こうとおもって
うちのポンコツMT車に乗り込んで出かけたときでした。


家の前の電柱に車ぶつけました。


・・・あれ?
なんか「がりっ」っていったぞ?

・・・・空耳?

あ、あたしの、コリにコリ固まった肩の音かしらね!
うんうんきっとそうだわ!
がりがり言うしね!
うふふふf



・・・・・・・うぉおおいorz


いくらポンコツ車だとはいえ
このままだと怒られると思ったので
お父ちゃんに自主しようと考え、メールしました。

TO:パパ
車ぶつけましたごめんなさい。


・・・どうしよう。
返事が怖い。めっちゃ怖い。
なんて返ってくるのか想像できない。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


FROM:パパ
ばつとしてお父さんの肩をもみなさい。



・・・え?そ、それだけでいいの・・・?
あまりにカタイ、
このワタシのごりごりの肩は
きっと夢と希望がいっぱい詰まってるんだと思います。
ミドリですこんばんは。

肩まわすと「がりがり」っていうか「ぞりぞり」いいます。わかる?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日はマイフレンドとら嬢とデートでした。
意気込んで出かけたら

財布を忘れました。

目的地についてから気づきました。
・・・どうしよう
と思って、30分かけて取りに帰るのもアリだけど
確か今日は「同じエリア内で遊ぶ」と妹が言っていたはずなので

きっと近くにいるであろう妹に借りればいいわ!

と思いつき
さっそく電話することにしました。


あたし「・・・もしもし。お姉ちゃん家にお財布忘れてかわいそうなのでお金を貸してください。」

『・・・・。あたし2千円しか持ってない。』


あたし「うわぁ貧乏ー・・・。」


『所持金ゼロのお姉ちゃんに言われたくない。』

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


・・・・。


取りに帰りましたorz


定期券だけは持っていて、だから電車乗ったときに気づけなかったのね。
いやっほーい!!
テストが終わりました。
春休みだぜ!ミドリですこんばんは。

え?レポート?

やだなぁもうww
レポートは6個くらいあったけど、27日〆切だけど
年明けから計画的にやってたからもう終わっちゃった★
出しちゃった☆
わたしフリーダーム!!

ごめんなさい明日とら嬢とデートがあるのも一因で、なんだかおかしいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

午前でテストが終わり
午後は・・・何の予定もないという
12・1月中の自分の忙しさを考えると
ありえないこの素晴らしい状況にひどく感動したワタシは

この酷い肩こりをなんとかせねば

と2ヶ月ぶりの懐かしい接骨院に電話をしました。
ワタシの酷いゴリゴリの肩は
プロテクトアーマーにもなりうる防御力を誇り
慈悲の心でマッサージしてくださる方を腱鞘炎に仕立て上げるほどです。

20歳だけど。

・・・まだ20歳なのにね。
というわけで・・・
そうだ予約して、先生にほぐしてもらおう!
電話して聞くと、どうやらあいてるそうなので、早速行くことにしました。


あたし「こんにちはー!」

受付の人『こんにちはーw』

あたし「お久しぶりです。よろしくお願いします。」

受付の人『先生ー?ミドリちゃんきましたよー!せんせー?』


・・・・・。


受付の人『おかしいな。先生どこいったんだろ。探してくるね?』

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


受付の人『あーミドリちゃんごめんねー。』

あたし「いえいえ。」

受付の人『先生、恐れをなして逃げたみたい★』


・・・せんせい・・・・。


結局ちゃんとやってもらえて、ちょっと楽になりました。固くてスマン、先生。
今日1日PSPしまくってて
明日テストなのにどうしようということで
今から付け焼刃でやってきますぜ!
ミドリですこんばんは。


ああ、だめだ。
忙しすぎると
自由になった瞬間に

豪遊しちゃう★

今日なにしたっけ・・・ええとええと

朝、目医者さんいって
昼レポートだらだら書いてたら夕方になって
PSPやって
編み物して
ぼーっとして

今。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年も!!
某百貨店で!!!


バレンタインチョコ売ることになりました!!!


どんどんぱふぱふ!いえい!
去年、はじめて憧れのバレンタインの売り子さんを体験して
今年もしたいなーと思って応募したら受かりました。
うふふふf・・・

去年と違って生チョコ?メインなおみせっぽいです。
ちぇ。つまみぐいできないじゃん。
というわけでまた楽しいネタをお届けできそうですよん♪

知り合いの方は是非いらしてください。
某百貨店です。
元宮内庁御用達の。

ところで肩が相変わらずひどいコリ具合です。誰かマッサージして下さい。
昨日うちの階段から落っこちた時に強打した尻が痛い。
ミドリですこんばんは。
何かあるごとに「尻いてぇ・・・」とか言ってると周りの人に怒られます。

ありがとう、ありがとうみんな。
でもいいのよそんな。
ワタシのことそんな女の子扱いしてくれなくてもいいのよ!
あー尻いてぇ・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日は学校で試験がありましたので
試験直前にマイフレンドとら嬢のスペシャルなノートを覗き込み
なんとか乗り越えられた(?)と思います。
ありがとうとら嬢!

そんでもっておうちに帰るとお母ちゃんがうるさいと思ったので
大好きな寄り道を決め込みましてね
駅前の某ドーナツショップに居座ることにしました。

コーヒー1杯とポンDEなんたらとかいうドーナツ2個
(あとから1個追加)
で、窓際の一番端っこの席にてしばらくお勉強してたのですが
・・・・・。


だんだんだんだん!!!


誰だ、
・・・ガラスウィンドウを叩いてる奴は。

手を止めてふと顔をあげると
往来に面したガラスウインドウの向こう側に

満面の笑みを浮かべた男の子が張り付いていた。



・・・気持ち悪ッ。



どうみても彼は
ワタシのバイト先の塾・・・の生徒、山本くんである。
ワタシが気づいてからもなお、ウインドウの向こうでガラスを叩くのをやめない山本くん。

ちょ、
何故わざわざコンタクトをとろうとするんだお前!
やめなさい!
こら!どんどんしない!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


『今日おねえちゃんミス○におったよね。』

あたし「何故それを。」

『ミ○ドのガラスウィンドウに張り付いてる変な男の子と交信してたじゃん。』


そうか。

・・・あれはモールス信号か何かか。


・・・そしてあそこの○スドおるとダメだ。99%知り合いに目撃される。
こんばんは。
どうもどうもミドリです。
もうとってもとっても伝えないと気がすまないことがあるので
早速かいて寝てしまおうと思います。
あのね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

あのね。
落ちた。
落ちたのよ。落ちましたのよ。

くどいようですが・・・落ちたのよあたし。
さっき


家の階段から落ちました☆★


ほんとキレイにてっぺんから一番したまで転げ落ちましたよ
まぁわたしってなんて器用なの!

そして、ものっそい痛かった。
なんてストレートな言い方じゃどうでしょうか、うーん
えっとね

スリッパを履いていたワタシの足が
階段の角をなめたかと思った次の瞬間、
重心が後ろへと流れていくワタシの体。

・・・・・。
ああもういいや、とにかくね

尻をしたたかに打ちましたので悶絶してます。
いたいよー!
利き手もちょっとおかしいよー!
明日テストなのにどうしたらいいのよー!


・・・ワタシ毎年階段から落ちてるけど、落ちたあと何かが受かるんだが・・・。
本日、授業最終日
いろいろと肩の荷がおりまして
ぱー!ってなって

英語のクラスで焼肉行ってカラオケ行ったら


風邪ひきました☆★


あーあー。
カラオケとか100%のどに何らかの支障をきたすから
そっから風邪ひいたりするんだよね。
まだ、風邪だときまったわけじゃないけど、なんかそれっぽいので
悪化しないよう対策して寝ます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日いちばん楽しくておもしろかったのは


英語の先生が「慎吾ママのおはロック」を熱唱したことです。


・・・それじゃおやすみなさーい。
昨日ひどく怖い夢を見た気がするんですが
きれいさっぱり忘れました。
怖いというかグロイ、が正しいと思う。
だってなんだか思い出したくてたまらないから。

グロイの大好きミドリさんですこんばんは☆


今日
おとうさんの大事な


ママの寝顔写真フォルダをみせてもらった。


・・・・。

なんといいますか。。。
素晴らしいクオリティで・・・。
データが残るから○月○日の×時××分なのかわかるという・・・。


パパ「で、この写真がが昨日のー。」

あたし『・・・・・・。お父ちゃん。』

パパ「ん?」

あたし『これ、気づかれたら一瞬で抹消されるよ。』



パパ「大丈夫バックアップはとってある。」



いや、そっちじゃなくてお父ちゃんが。

・・・とってるのかよバックアップ。
今晩はミドリです。

こないだのことです。
授業が2限からあったので、少し遅めに学校にいったのでした。
ちょうど1限が終わったころに授業のある教室前に到着。

あたし「1限ってここの教室・・・確か使ってなかったよね?」

友人と2人でそう言って教室の扉を開けました。

私たちの思っていたとおり
教室は1限の間は使われておらず、真っ暗。
しかも寒ッ。
と、とにかく電気と暖房つけなきゃ!
どこにあったっけ!!!

すると
暗闇の中、スイッチに駆け寄った友人が
手探りで適当なスイッチを押した。
明るくなる教室、



そこにO君が立っていた。



・・・・。


あたし&友人「・・・ギャー!!!!!」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


・・・・。
ねぇ、O君。

あなた、暗闇の中で何してたの。


暖房もついてないのにWAになって踊ろうを聞いていたらしい。謎。
昨日は学校を真夜中に出発したため
帰れなくなった、遠方のおうちに住まうマイフレンドとら嬢をお持ち帰りし
あ、こんばんはーミドリです☆

というわけで昨日はとら嬢がうちにお泊まりなさいました。
そんなわけで遅くに帰って
ご飯食べてお風呂入ってたら・・・随分と遅くなった。


あたし『ねー寝ようよー!』

とら嬢「レポートまだ終わらんのー!」

あたし『うんじゃあワタシ、アップルパイ(消費期限2日過)食ってよーっと。』


・・・別に一緒に寝るわけじゃないのに待つワタシ。
いまから思えばほんとそうだ。
先に寝ればいいのに何故起きてるんだワタシ。
まぁいいや。

そしてレポートを終えたとら嬢と一緒にベッドへ。
とか書くとまた誤解を生みそうだからちゃんと説明するが


あたしが下でとら嬢が上だからね!!


・・・・・・。
あごめん主語というかなんとかいうか大事な部分が抜けてましたね☆
正しくは「二段ベッドの、あたしが下でとら嬢が上」
です。
普段妹が、上で寝てるはずなんだが
冬は寒いから寝るとき親の布団にもぐりこみに行ってるんだあの子。
いつ帰ってくるんだこっちの部屋に。

・・・まぁそれはいいとして
とら嬢は上の段で
ワタシは下の段で
明日は何時におきようかーええとー
とかいう会話を寝ころがりながらしてたのですが

あたし「よっしゃ目覚ましセットでーけた!」

とら嬢『何時にしたの?』

あたし「7時20分!よし、じゃあ寝よっか!」

とら嬢『・・・・・・。』

あたし「・・・。寝よっか!?」


・・・・。


・・・・先に寝やがった・・・。




ちくしょう・・・。
おやすみ3秒どころじゃないよ。
思わず、レアな寝顔を拝みに行くチャンスだ!とか思いましたが
既にお布団に入っていて出るのが面倒だったのでワタシもそのまま寝ました。

なんでだ・・・ワタシ待ってたのに先に寝るなんてずるい・・・。


今朝おきてから聞いたところ、よくあるんだそうです、彼女。
やーこんばんはミドリです。
今日はですね
学校で、課題に一生懸命とりくんでたら
うっかり

おうちに帰れなくなりまして

ワタシより遠方にお住まいのマイフレンドとら嬢といっしょに途方に暮れる。
・・・どうしよう。
もう遅いからバスないよ☆電車もないね★
どうするうち泊まるー・・・?
まぁうち泊まるって言っても、そのうちの家もタクシーで帰らないとですけれども。

と、困っていると
渡りに船ですよ、先生が「ヘイ乗ってけ嬢ちゃん♪」と車で送ってくださいました。
ありがとうございます先生。
あ、実際は先生そんな言い方してないですよ。ね。
2人して後部座席に乗り込み、夜のドライブが始まりました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先生『・・・家、どこや?』

あたし「○○駅付近です。」

車を飛ばす先生。
心なしか、いや、・・・早い。
これ絶対早いだろ!
何キロ出てるの先生!!!

・・・ワタシの側からはメーター見えなかったのでこっそりとら嬢に聞いてみる。


あたし「・・・メーターそっちから見える?今何キロ?」

とら嬢『・・・。80こえてます。』


ちょ、先生!
せんせいちょっと!!


先生『俺、スピードはすごい出すけど安全運転だから。』



・・・・。
その時、後部座席に並んで座っている私たちは同時に思った。



ぜったい嘘だ。と。



さっき家についたけど、2人とも車降りてからスピード怖さに震えていました。
今日の英語のテストはなんとか終わってほっとしてます。
こんばんはミドリです。
今朝の地震がなかったら遅刻してた。
不謹慎だけど助かった。


久々のバイト(塾)で
受付で事務作業していたのですが
ちょっとばたばたして忙しい時に鳴り響く電話。

社員のお姉さんは他のお電話に出ていて、取れません。

仕方がないから私がでることに。
まぁいつも出てるから、そんな特別なことではないのですが。

あたし「はい、○○塾です。」

そう電話口でワタシが言ったあと
すぐに一言、短い返事が返ってきました。


『山田です。』


・・・・。
「山田(仮名)」というのはうちの塾の代表の息子さん。
彼はまだ若いのに既に次期代表としても、先生としても活躍しておりまして
社内でその名を知らない人はいません。
だから電話では名前を名乗るだけでみんな「ははーっ!」ですよ。

たいへん人の良いかたなので
ワタシのようなアルバイトの人にも良くしてくださいます。
なので本部からいらっしゃった時はワタシもかまって頂くので
仲がいい?ほうなのですが

あたし「お疲れ様です。事務アルバイトの蒼河です。」

次期代表『・・・・・。蒼河さんだよね?』

あたし「はい蒼河ですこんにちは。」

次期代表『蒼河さんだよね?』

あたし「・・・いまさっき、事務アルバイトの蒼河ですって言いませんでしたっけ!」


次期代表『いやだってなんか・・・よそよそしいから・・・。


・・・山田先生・・・orz
一応、ちょっとくらい真面目にちゃんとお仕事させてくださいワタシに・・・・。

しかしちょっとかわいい。
あかん・・・
明日英語のテストとか信じられへん・・・orz
もうだめなミドリですこんばんは。


今日は!
日ごろの疲れがたまってたみたいで
授業中にうっかり寝たところ

次気づいたら全員いませんでした。

・・・・。
あれ?
あれれれぇ?
全員、教室外の授業?に行ったようです。
ちくしょー・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いっつも夜になると
ママンが居間に転がるので

パパがこっそり寝顔撮影してるんですが

・・・お父ちゃん、どうするつもりなの。
その写真。

・・・相当たまってきてるみたいです。寝顔写真。
成人式にいってきました。
20歳ですミドリですこんばんは。
でもお年玉は欲しい。ちくしょう。


朝から美容院にいって頭とかいろいろいじってもらってました。
美容院のお兄ちゃん・・・うーんおっちゃんと言うべきか。
彼は30代後半なのですが
職業柄か、その甘いルックスからなのか・・・お兄ちゃんみたいなおっちゃんでして。

そのおっちゃんにまかせてたら大変なことになりました。


おっちゃん『よし!この髪飾り入れよう!これを入れると・・・』

あたし「なんと!」

おっちゃん『・・・・七五三になるけどまぁいっか!!!』


・・・・。
よ、よくないよ!!!
おっちゃんだめだよそれ!
ただでさえ20歳に見えない私を、今日は変身させる日ですよ!


おっちゃん『・・・もう、あえて、・・・行こうぜ★』


いやそんなかっこよく言われましても。
若干かっこいいから腹がたちますぞおっちゃん。
まーいいや・・・好きにしてくださいorz

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そしておっちゃんに髪型を好き勝手された後
着付けに行くと
着付けの先生がこれまた便乗しちゃう人でして


先生『あらあらまぁまぁミドリちゃん日本人形みたいよー。』


・・・。
なんか嫌な予感しかしない。
先生、いっちょかっこいい帯の形でおねがいしますよ!
ここはなんとしても!


先生『よしできたー!!!』



090112-162331.jpg


・・・・・・・・・あれぇ?

・・・まだ、ひな文庫とかにされなくてよかった。でも鶴はお気に入り。
明日成人式ですいってきまーす。
早く起きないとちくしょう・・・。
こんばんはミドリです。


今日も課題のために学校へ行くと、なんかイベントをやっていた。
・・・一体なんなんだ。
親子連れがぞろぞろと構内を歩いている。

学内のイベント告知看板から得た情報によると
どうやら
「もちつき」が行われており、
無料で配布とのこと。


なんですって!?・・・行きたい!


と思うと同時に、
横に並んで歩いていたマイフレンドとら嬢に熱いアッピールをかましたのですが
あっけなく

とら嬢『はいはい。』

とあしらわれてしまいました。
うう。
もちー。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

とりあえずもちは諦めて
大人しく課題にとりかかって数分後。

先生が様子を見守る中で私たちが課題をやっている、
その教室にO君が飛び込んできた。



O君『先生!もち、どうですか☆』



手になにやらパッケージと割り箸を持って息を切らしたO君が現れた。




教室にいた全員がザ・ワールドした。



・・・・。
そう、その時、教室にいた全員が「もちって何やねん」と思っただろう。
指名された先生が、その全員の気持ちを代表して、

『・・・・は?』

と返事してもそれは何も不思議なことではない。
しかしその中で私だけが、彼の言葉に反応していた。


あたし「はいはい!食う!もち食う!」

O君『よーしじゃあ、もっともらって来よう!ミドリさん行くよー★』

あたし「おー!」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・・・・
実は
もちつきのほかに

のど自慢大会が開催されていて

それに気づいて出たがるO君をつれて帰ってくるのに
わたしが一苦労したのは言うまでもない。

スタンプラリーとかもあって大変だった。O君が。
うーん。
どうもどうも。
昨日はいきなりのプロポーズに、うっかりS君にときめきましたが
わたしとしたことが、ちゃんと心に決めた人がいるので、揺れてる場合じゃないわ!
なんか日本語へんだね。
こんばんはミドリです。


今日学校の帰り道
最寄り駅の改札を出たところに
バイト先(塾)の先生がいらっしゃいました。

あたし「あれー?先生なにしてるんですか?」

そこにいらしたのは算数の先生。
わたしのアイスクリーム仲間です。
彼にはいつもいつもお仕事のあとにアイスクリームをもらったりしていて
お世話になっています。

たまに仕事してるワタシの横で「美味しいなー!」とか言いながらアイス食う鬼畜な先生です。

算数の先生『あ、ミドリちゃんじゃないか。何って、生徒のお見送り。』

ちょうどお見送りが終わったそうで、塾へと戻るとのことでした。
わたしのおうちも塾と同じ方向なので一緒に歩きます。


算数の先生『さー戻ったらアイスたーべよっと。』


・・・。
またワタシに対して意地悪を言い出す先生。
そ、そうだ、ちょうどいいからこのまま塾に遊びに行こうかなー。


算数の先生『・・・・。おまえにやるアイスはない!!』


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


算数の先生『・・・。仕方ないなー。ほらどれがいいの。』


結局、塾までついてきてしまったあたしを前に、先生は折れました。
ハーゲンダッツのミニカップを並べて先生はため息をつきます。
もー先生ったら優しい!
えーとえーと

・・・ハーゲンダッツを知ってる人なら間違いなく。
わかる人は絶対にこれを選びます。よね。


あたし「・・・・。そりゃラムレーズンにきまってるでしょう★」


算数の先生『・・・おまえどこまでも酷いやつだな。』


だってハーゲンダッツわかる人はコレでしょうが。ごめんね先生★
本日も授業の課題がありましたので
学校に行ってカンヅメしてましたミドリですこんばんは。
で、でも
マイフレンドとら嬢と一緒だったら別に苦じゃないもんッ。

なんども言いますがミドリですこんばんは。
なんだこの挨拶文。


で、カンヅメとは言いますが
実際は

B1階にある教室

1階にある教室

の間を相当な回数、往復してまして。
基本的にワタシはB1階の教室で課題をしていて
データが仕上がったら1階のとら嬢のとこへ持ってくような感じで作業してました。

大学の学部棟内はもちろん土足で入ってますが
その2つの教室は土足禁止の、靴脱いで入るとこだったので
教室間を移動するたびに靴をいちいち履いては脱がなきゃいけない。
しかも脱いだ靴は下駄箱とかないので袋に入れて保管ですよ。

・・・そんなの、
そんなのって面倒だ!
えええい!!

となった結果、私たちが選んだ方法は


裸足


であった。


そうつまり、靴をはかなければいいのだ。
教室を出る際に靴を履いたり脱いだりするのが嫌なら裸足で移動すればいい。

まぁ裸足とは言っても
ちゃんと靴下くらいは履いてますけれども
うちの学部棟は去年できたばっかりで
まぁまぁ施設自体が綺麗だし・・・・汚れは気にならないし
ちょっとくらい足がひんやりしたって、
いちいち靴を袋から出してきてはいてるほうがアレだし・・・もういいやいいのさ!

そう割り切って裸足で両教室を往復するワタシたち。

つめたい。
しかし我慢できないほどじゃない。
何より切羽詰っている課題を抱えているこの状況で、
すこしでも時間の短縮ができるならありがたい。


しかしこの、裸足での移動方法には重大な欠陥があった。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


あたし「・・・っ痛ー!!!いまさっきそこで点字ブロック踏んだー!!」

とら嬢『ああ、あれは痛い・・・ワタシもやったよ(遠い目)。裸足で点字ブロックは死ねる。』


・・・・昇天するかと思いました。
もうぜったい二度と踏みません。
いまじゃどっかの配管工の赤い人みたいにジャンプしてます。


・・・点字ブロックこわい。


もう場所は覚えた。攻略済みだ。
マイフレンドとら嬢と2人で学校居残りしてました。
眠たい。どうもこんばんはミドリです。

居残りするのはいいけど
とら嬢がふとももさわってきたりするんですがこれまたどうしたことか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日ちょっと目の調子が悪くて。
普段ワタシ、コンタクトなんですけど
あまりに痛かったので外すことにしたのでした。

しかしミドリさん超目が悪いので裸眼だとたいへん!!


ちょうどその時、大事な授業の課題をやらなきゃいけなくて
えっと映像作品をね作ってるんですけど
「録音」をしなきゃいけなくてね。

録音するの、私と、S君の2人しかいないのにどうしよう!
こんな大事な時に目がよく見えないなんて!


その時、S君が言った。

S君『だいじょぶ、ミドリちゃんは(ミキサーの音聞くから)耳さえちゃんとしていれば!』

・・・・。
ありがとうS君。
なんてキミは優しいの。
うん、ワタシ頑張る!

あたし「ごめんねS君、目あんま見えてないから迷惑かけるかも。」






S君『・・・大丈夫だよ。俺がキミの目になるよ。』




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


とら嬢『・・・・・・。』

あたし「とか、さっき言われちゃったわけなんですが。」


とら嬢『それ、もうプロポーズなんじゃね?』


・・・・。
あーやっぱりとら嬢もそう思う?
ですよねー。

やーもうどうする?ゴールインしとく?
どうもこんばんはミドリです。
こないだとあるパン屋さんで
素敵なパンを見つけてしまったので

090107-202907.jpg

※注:パンです。

早速買って帰って
・・・15本入りでしたので
お父ちゃんと



戦った。




あたし「はい1本ずつ持って!攻撃とかして先に折れたほうが負けね!」

パパ『わかった!よし来い!』

あたし「えいっ!」

パパ『たぁっ!』


ポキ★


あたし「あははははは!!振ったら折れるに決まってんじゃん細いんだし!」

パパ『そうか手首で動かすのではなく腕全体で振るのか!!』

あたし「へへーん。」

パパ『よし、もう1本!!』

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


このあとお母さんに怒られました。


周りに散らばる、折れて短くなったパン達。白熱する父娘。
寒いので部屋の片隅でちぢこまって
ぶつぶつ言いながら「PSPかまいたちの夜2」をやっていたら
超こわがりな妹がワタシを見ておびえるようになりました。

どうもこんばんはミドリです。
憑かれていません。大丈夫です。


本日から授業があったので久しぶりに学校に行きました。
おおみんな懐かしい。
髪切ってる子多いなー。
なんか変わったね!みんな!


友人『おまえは変わってないがな。』

 
わかってるから!
わかってるからわざわざ言うな!!

だが以前のワタシとは違う。
いいか君たち。
ワタシはPSPを買ったのよ。どうだ。

友人『えー!!いいな!!!!』

でしょー。
ほらごらんなさい!

友人『で、ソフト何にしたの。』




・・・言えない。



まさかひとりで部屋の隅でニヤニヤしながらかまいたちだなんて言えない。
さて今日は
先日買ったばかりのPSPを
見せびらかすためにバイト先(塾)に持っていきました。
こんばんはミドリです。

まぁPSPっていうただの(?)ゲーム機ですけれどもね
うちのバイト先じゃあ、なにこれすごーい!扱いですよ。
これゲームできるの!?
みたいな。
ゲーム機より職場の反応のほうがおもしろいよ。


というわけで
よしまずは職員の受付のお姉さんに見せよう!

おねえさーん!PSPかいましたー!


お姉さん『あ、これがえっとぴーえぬ・・・』

あたし「PSPです。」

お姉さん『そうそうPSP!うわぁ光ってるー!』

あたし「新品だからぴかぴかですよー☆」


お姉さん『いっぱい穴が開いてるんだね!』


あたし「・・・・。・・・・・?」

お姉さん『あ、ほら穴いっぱい開いてる・・・。』


・・・・穴?
ああ、やっと理解した。
充電するとことかイヤホン差すところとかのことですね!


お姉さん『すごーい!これDSとどう違うの?』


・・・。
お姉さんにそれを説明するのは、たいへん面倒なことになりそうだ。
そう考えた賢明なあたしは
通りかかった算数の先生にお姉さんを押し付けて
塾長先生のところへ自慢しに行きました。

せんせーい!PSPかいましたー!


塾長先生『わーすごーい!いいなー。』

あたし「えへへー。」


塾長先生『これってDSとどこが違うの?』


お姉さん『えー塾長先生そんなこともしらないんですかー?』
年明け早々、金欠に陥りました。
どうしたもんかー。
どうもこんばんはミドリです。


何故金欠に陥ったかというとですね
理由は簡単、
福袋を買いあさったから

ではなく

090104-233346.jpg


PSP買いました・・・orz

しかもソフトがかまいたちの夜2っていう。

いやぁ悩んだんだよ!
ソフマップのポイントが凄くあまってたからね!
とりあえず「かまいたち」はやりたかったから(幼いころから大好き)
それは確定で

あともうひとつソフト買おうか悩んだのですが

牧場物語かおっかなー・・・でもGBAとかでやりこんだから飽きるかなー
塊魂かおっかなー・・・ハマるかどうか不安だなー
もじぴったん買おうかなー・・・ほったらかしにならないかなー

そもそもかまいたちの夜2は確定でいいのか。いいのかワタシ!

と悩みに悩み
結局はゲーム売り場から、マイフレンドとら嬢にメールするワタシ。
どうしよう!どうすればいいかしら!


とら嬢『そこはやっぱりヲタクなソフトだろ。』


・・・・・。
あ、うん。ありがとうとら嬢。
ワタシ間違ってなかった。

彼女からよくわからない後押しをもらってしまったがために
若干間違ってるんじゃないかと不安に思った自分の道を貫き通してしまった
そんなミドリさんは結局
かまいたちの夜2と

覗き見プロテクトカバー

とかいろいろPSP君の装備品を買いました。
べ、別にやましいゲームやってるわけじゃないけど!
ヲタクの道を貫き通そうと思ったらこれベストアイテムじゃなかろうかと!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

うちの可愛い
もこなにDSを与えてみた。

090101-193037.jpg


・・・・超かわいい。


パソコンだ!パソコンなんだこれは!!
なんでもかんでも部屋にほったらかしにしたら
お部屋が大変なことになってます。
足の踏み場がないよ!!
ミドリですこんばんは。


今日おばあちゃんの家から帰ってきました。
おばあちゃんち寒かった・・・。

あまりの寒さに
たった3日の滞在だったのに


こたつを買いました。


・・・。
こたつね
こたつ今まで体験したことなかったんだよね。


やばいね。


こたつってすごく人間を怠惰にする道具ですよね。
家族全員で入ってたらさ
何かあったらなんでも全てがじゃんけんで解決されるという。
どんなささいなことでもじゃんけんがルールですよ。

そしてなんでも必要なものは
こたつに入った状態で、自分の手の届く範囲に置かれて
どんどん蓄積していってあら素敵☆

こたつマジック★

魅惑のアイテムですな。何故いままで私は知らなかったんだろう!
おばあちゃん家からこんばんは。
どうもどうも、ミドリです。

ここは素晴らしいところでしてね、
パソコンとかいう素晴らしい文明の利器はございませんし
寒くて寒くて、外に出たら鼻水が氷結します。
生きて帰れるのでしょうか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まぁそんなとこでお正月を過ごしているのですが
我が家は相変わらずでございます。

昨日は元旦でしたので
我が妹は、子供の最大特権を行使し
両親から「お年玉」とかいう賄賂の、贈呈式を執り行わせておりました。
ミドリさんはもう大人なのでもらえません、チクショウ。
どうしてこういう時だけ大人扱いなんだ。

お父ちゃん『はい、アカ!お年玉どっちがいーい??』

……。
何故か妹の前に2つのお年玉袋が差し出されました。
片方は大きくて普通な感じのお年玉袋。
もう一方は

……昨晩お父ちゃんが、こしらえてたお年玉袋。

……。
………。
いや、あのときは何作ってたかわからなかったんだ。
しかしツッコミを入れるならあのタイミングだったんだが

なんでお年玉袋手作りなの、父ちゃん。

一体なんのギミックがあるんだ。
こ、これは父ちゃんの手製だとわかった上で、
やはり手作りのほうを取るべきなんだろうか!!!!
それとも父ちゃんの手作りをさけて普通のを取るべきなんだろうか!
…ほら見ろ妹も迷ってるじゃないか!

よくわからない空気が家族の中に流れ
ついに我が妹は、体裁を気にして父ちゃんの手作りのほうを手にとった。

開封。

パパ『はいざんねんでしたー★』

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

……なぜだ。
わたしは思う。

妹の選択は間違っていなかった。
ここは父ちゃんの手作りを取るべきだっただろう。
…そう、今まで言わなかったが、その手作りのお年玉袋がゴキブリ柄だったとしても。

なのに、そのゴキブリ柄のお年玉袋が空っぽだったなんて。

どういうこっちゃ。


※ちゃんとその後、妹は普通のお年玉袋をもらえました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。